NEWS

2020年秋学期の授業について

公開日:2020年7月17日

在学生の皆さまへ


7月も半ばを過ぎました。学生の皆さんは、どのような夏休みを過ごしているでしょうか。ICU献学以来、初のチャレンジであった「全科目オンライン」の春学期を終えることができたのは、学生の皆さんの理解と協力があったからこそと、教員一同心から感謝しています。

さて、私たちは、いまだ続く新型コロナウイルス感染症の問題に鑑み、ICUのリベラルアーツ教育を継続する方法について熟考を重ね、2020年度秋学期の授業形態に関する新たな方針を定めました。授業形態の変更のみならず、キャンパスで授業を受講する皆さんにとっては、大きな制約が課されることにもなります。これまでの大学生活とは異なるものだと、感じるかもしれません。

ICUの教職員は、秋学期、すべての学生の皆さんをキャンパスに迎え入れたいと強く願っていますが、様々な理由から来学することができない学生もいることも承知しています。引き続き安全に配慮しながら、ともに学びと研究を続けていきましょう。


【授業形態】
ICUは、新型コロナウイルスの感染から教職員と学生の健康を守りつつ、大学の教育の使命を果たすために、秋学期の授業は、原則として、オンライン式とハイブリッド式のどちらかで開講いたします。大規模な授業(予想される受講生が60名以上)はオンライン授業となります。小・中規模の授業は、オンライン式またはハイブリッド式で行われます。ハイブリッド式とは、キャンパスに来ることができない学生や対面での授業を希望しない学生も履修できるよう、教室内の対面で開講されている授業をオンラインでも参加できるように配慮して実施されるものです。感染予防のため、対面で行われる授業では、教室の定員を多くとも従来の1/2に制限します。教室において、受講生は十分な間隔を取り、マスクをするなどの予防措置を取ることが必須となります。

上記の授業形態は、秋学期を通して実施される予定ですが、東京都の感染状況が悪化した場合や緊急事態宣言が発令された場合、全授業はオンライン授業になります。そのような場合、全てのハイブリッド式授業はオンライン授業に変更されます。

オンライン式かハイブリッド式かは科目毎に異なりますが、各科目の種別は7月20日までにコースオファリングス上にて、各科目の詳細(オンライン、ハイブリッドの内容を含む)は7月31日までにシラバスにて発表されます。以下のリンクから確認が可能です。
https://campus.icu.ac.jp/icumap/ehb/SearchCO.aspx


【予備登録】

2020年度秋学期の予備登録は8月19日~21日に行われます。授業形態がこれまでと異なるため、全ての科目(ELAおよび大学院科目を除く)が予備登録の対象となります。在学生は、必ず予備登録をするようにしてください。登録の際は、インターネットアクセスの状況と授業の受講場所に関するアンケートに回答していただきます。予備登録の手続きに関する詳細は、後日お知らせします。


【履修登録】
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、秋学期は春学期と同様に履修登録をオンラインで行います。履修登録のスケジュールは、以下の通り変更となりました。

変更前
9月2日~3日 登録希望科目入力期間
9月3日 秋学期履修登録
9月4日 秋学期授業開始
9月4日午前9:00~9月11日午前10:00 Late Registration・履修登録変更期間

変更後
9月1日 秋学期の登録希望科目入力・履修登録期間
9月2日 秋学期の登録希望科目入力・履修登録期間
9月4日 秋学期授業開始
9月4日午前9:00~9月11日午前10:00 Late Registration・履修登録変更期間

春学期に行われたような登録取消の延長期間は設定されませんのでご注意ください。


【コース選択時の注意点】

  • 学部生の標準受講単位数は13-1/3単位です。クラスを少人数にするために、登録する単位数をできるだけ標準以下におさえてください。
  • ほとんどの授業はオンラインまたはハイブリッド式となりますが、一部ごく少数の授業は完全に対面のみの授業となります。そのうちのほとんどは、体育の実技クラスで、一部が実習や実験の授業です。今学期にこれらの授業を受講できない場合は、来年度の受講を検討することをお勧めします。
  • ハイブリッド式の授業では、教室での対面の授業に参加するか、オンラインで参加するかを選択できます。履修登録完了直後、ハイブリッド式の授業を履修する学生は、その授業のMoodleのコース等に用意されたアンケートで、参加方法(オンラインまたは対面)を表明してください。
  • 履修登録完了直後、ハイブリッド式の授業を履修する学生は、参加方法(オンラインまたは対面)を表明するためにその授業のMoodleのコースページに案内されます。参加方法を変更したい場合、履修登録変更期間中に変更できますが、原則として、当初選択した参加方法で受講してください。
  • スケジュールを決める際は、慎重に検討し、授業の合間の休憩時間を長く取ることをお勧めします。ハイブリッド授業で、教室での対面の授業に参加することを選択した場合、その授業の前後にオンライン授業を受講することは難しいかもしれません。キャンパス内でオンライン授業を受けるために座ってパソコンを立ち上げられるような場所がすぐには見つからない可能性があるからです。
  • 本館や図書館等に、学生がオンライン授業を受講できる場所を設ける予定です。

【海外から日本への入国】
COVID-19の水際対策として、日本政府は海外からの入国規制を行っています。現在の状況から判断すると、残念ながら、現時点(7月15日)で海外在住の外国籍学生が9月1日の新学期開始時点までに日本に入国することはほぼ不可能な状況です。またこの状況がいつ改善されるかについても不明です。そのためICUではほぼすべての授業において、学生が海外に滞在したままオンラインで授業を履修できるよう上記のような形式で秋学期の授業を開講することとしました。なお、ハイブリット式の授業を履修している学生が、学期途中で入国が認められた場合、途中から対面授業に参加することは可能です。

日本政府による入国制限の対象国・地域については、以下の外務省ホームページで随時確認してください。

日本語:https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html
英語:https://www.mofa.go.jp/ca/fna/page4e_001053.html


【キャンパスライフ】

  • キャンパスでの活動は大きく制限される可能性があります。例えば、学生団体やサークルは、ミーティングの方法やイベントの予定の変更を余儀なくされるかもしれません。
  • 図書館は開館しますが、一定の距離を維持することが求められます。また、図書館での滞在時間が制限されるかもしれません。
  • 大学食堂はランチタイムに営業しますが、テイクアウトで購入して、他の場所で食べることが推奨されます。大学食堂で勉強することはできません。
  • 学生部長が、学生寮に関する方針を寮生に連絡します。感染拡大を防ぐため、寮生は種々の予防措置をとることが要請されます。
  • 多くの学生はアルバイトをする必要があり、大学はそれに対して禁止措置を取ることはいたしません。しかしながら、アルバイトの中には、感染リスクの高いもの(例えば3密が避けられない職場)もあります。そのような感染リスクの高い環境で働くことをできるだけ避けてください。もし感染リスクの比較的高い環境で働く必要がある場合、他学生の感染リスクに配慮し、オンライン科目を履修することを検討してください。

以上

学務副学長 ロバート・エスキルドセン
教養学部長 石生 義人
大学院部長 溝口 剛

Page top