NEWS

ICUにおける教育のベストプラクティス:成功する国際化 Successful Internationalization: Educational Best Practices at ICU 第2回目を開催

公開日:2021年11月12日

ファカルティ・ディベロップメント・プログラムの一環として、「教育のベスト・プラクティス」をテーマにしたインタラクティブなディスカッション・セッションを本学の学修・教育センターとスーパーグローバル大学創成推進室が共同で一般にオンライン公開しました。

第2回目は2021年10月18日に小澤伊久美 日本語教育プログラム 課程上級准教授がホストを務め、「EMIからJMI(Japanese Medium Instruction:日本語を媒介とした授業)へ~日本の高等教育にEMIの教授法を応用する試みとして~」と題して開催しました。 外部からは69名が登録、当日参加者は57名ほどで、EMI教授法を日本語を用いた授業に応用する際に配慮すべき点や、スキャフォールディング(足場掛け)の考え方について紹介しました。

今後は、11月15日に岡村秀樹教授の「学生が行う子供のための科学教室と科学教育の意義」を実施する予定です。

 

詳細は、以下のサイトでもご覧いただけます。
国際基督教大学 公開オンラインFDプログラムシリーズ
Page top