NEWS

留学生の入国制限の見直しについて

公開日:2021年11月12日

日本政府は11月5日、外国人留学生の入国制限の緩和を発表しました。この発表に基づき、11月8日より、一部の外国人留学生は「特段の事情がある」として、日本への入国を申請することができるようになりました。

参考URL: https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page22_003381.html

しかしながら、在留資格認定証明書(COE)の発行日に応じて入国許可の順番が決まるなど、入国を許可される学生数はまだ制限されています。該当する学生は、具体的には、以下のスケジュールで入国許可を申請することができます。

COE発行日

申請可能な月

2020/01/01~2020/03/31

2021/11 

2020/01/01~2020/09/30

2021/12 

2020/01/01~2021/03/31

2022/01

2021/04/01以降

状況を踏まえ、今後決定予定

ICUはすでに日本政府から「適正校」として認められています。しかしながら、今回の政府の決定により、まず、ICUは、留学生の受入責任者として、受入体制を整えます。その後、ICUから文部科学省(MEXT)に対し、該当する学生の入国に関する申請(誓約書、活動計画書等の提出)を行います。承認が得られたら、学生は最寄りの領事館または大使館で学生ビザを申請することができるようになります。

留学生の皆さんは一日も早く日本へ入国することを心待ちにしていると思います。私たちもこのプロセスを早めるためにできる限りの努力をしていますが、準備には数週間程度の時間を要することを理解してください。

Page top