なぜ、ICUは誕生したのか?

CLOSE
なぜ、ICUは誕生したのか?

日本と北米のキリスト教関係者は、20世紀初頭から、日本の地にキリスト教大学を設立しようという夢をいだき、その実現を祈り求めてきました。この長い間の祈りは、第二次世界大戦の終結を期に、悲惨な戦争に対する反省と次の世代に対する責任として、新たな使命を帯び、ICU創設委員会が設立されるに至りました。

そして、1949年6月15日、静岡県御殿場のYMCA東山荘で開催された大学組織協議会に集まった日本と北米のキリスト教界の指導者たちによって「国際基督教大学」の創設が決議されました。日本を世界に むかって開かれた国に革新し、人類平和のために貢献する人を育成するという願いと祈りにささえられ、ICUの歴史が始まりました。

東京郊外の武蔵野の広大な土地は、企業や団体、キリスト者、非キリスト者を問わず、多くの国際的な善意によって寄せられた寄附金1億6千万円によって購入されました。

戦後の復興が緒についたばかりの時期にあって、このように多くの募金が寄せられたのは、当時の日本国民が、自由と人権を尊び、人類社会の平和的発展に奉仕する人の育成を強く願う表れと言え、この願いは今もICUに息づいています。

Back to ICU Page
リスト版 ダイアグラム版