高大接続事業

ICUは、第二次世界大戦の深い反省から、平和に貢献できる人材を輩出すべく、1953年に日本で最初のリベラルアーツ・カレッジとして誕生しました。その献学の理念から、ICUで行う高大接続事業は、2015年の本格実施当初から、広い意味での「平和」をテーマにした中等教育から高等教育への教育接続を目指して実施しています。

icu_img02.jpg

大学からの一方的なプログラムの提供ではなく、中等教育の現場が抱える課題を共有し、高等学校のニーズに合わせた独自プログラムを展開しています。献学以来、多様性、対話、批判的思考を重視して実績を重ねた「リベラルアーツ」教育の社会への還元としても位置付けています。

img01.jpg

icon-global.jpg
ICU Global Challenge Forum

オンラインによる参加型連続授業シリーズ
学生一人ひとりが主体性を持って学ぶICUのリベラルアーツ。 ICU Global Challenge Forumは、リベラルアーツの学びを通して、無限に広がる学問の世界の一端に触れ、主体的な学びの先につながる現実世界の課題に対峙できる次世代の育成を目指しています。ICUの少人数クラスで対話を重視するリベラルアーツ教育について、日本全国からさまざまな背景や価値観をもつ高校生が集まりともに体験する機会としています。

本プログラムへの参加を通じ、リベラルアーツ教育の核となる論理的・批判的思考力を身に付け、世界の一部である自分を意識し、ICUの掲げる「責任ある地球市民」としての資質の涵養を目指します。

icon-science.jpg
Science Cafe at ICU

教員の研究を通した自然科学研究分野とリベラルアーツ紹介シリーズ
ICUの特徴でもある文理の枠組みを超えたリベラルアーツ教育を通して、どのような理系の研究分野があるのか、理系分野を学ぶとはどういうことなのか、高校生が広く自然科学に触れるプログラムです。各回とも専門分野の研究紹介を中心に、なぜ理系を志し現在の研究に至ったのか、どんなことで迷い、回り道をしてきたのか。ICUの教員が自身の経験を踏まえ、理系の研究とリベラルアーツについて、中高生にわかりやすくお話します。 自然科学の各分野のエッセンスに触れる内容となるため、理系に関心のある文系生徒や、これから文理選択を考える中高生に参加いただきたいプログラムです。

icon-peace.jpg
Reconsidering Peace in Liberal Arts

英語による参加型ワークショップ
ICUの協定校でもあり、全米のリベラルアーツ・カレッジのランキングで常にトップ10に位置するミドルベリー大学との共催で実施する、英語のワークショップ。ミドルベリー大学の大学院であるミドルベリー国際大学院モントレー校が実施する世界の高校生を集めて核不拡散・軍縮問題に関する討議を行うプログラム「Critical Issues Forum」をもとに、日本の高校生向けにアレンジしたものです。高校生は大学での学びに必要なアカデミック・スキルを体験しながら、さまざまな視点から「平和」という難しいテーマについて考え、リベラルアーツの視点で広く「平和」を捉える力を養います。

 

開催実績

プログラム名 開催時期 開催報告
ICU Global Challenge Forum
地球外知性体とのファーストコンタクトから心理学を考える 2020年12月~2021年3月(計4回) オンライン開催
詳細
武力紛争とジェンダー・セクシュアリティ
自分ごととして学ぶ環境問題 ~解決に向けてのはじめの一歩~
Liberal Arts Education and our Desires
国際関係ディベート 2019年12月~2020年3月(計4回) オンライン開催
詳細
Science Cafe at ICU
【物理学】量子テクノロジーが世界を制す!! 誰が、どうやって作るの? そもそもそれ何?... -現代リベラルアーツに突きつけられた挑戦状- 2021年7月 オンライン開催
詳細
【生物学・環境学】ものごとの繋がりに目を向けることの大切さ ~リベラルアーツ教育から学べること~ 2021年2月 オンライン開催
詳細
【化学】新しい化合物を生み出す着想は? 2021年1月
【物理学】研究って何するの?教育って必要なの? ~ダイヤモンドが創り出す世界~ 2020年12月
Reconsidering Peace in Liberal Arts
リベラルアーツ・カレッジで平和を考える 2020年1月11日~13日 三鷹キャンパス
詳細
Page top