なぜ、世界約50カ国・地域から留学生が集まって来るのか?

CLOSE
なぜ、世界約50カ国・地域から留学生が集まって来るのか?

ICUは、世界に門戸を開く大学です。人種、宗教、国籍を問わず、また日本人学生、外国人学生、帰国生などと区別することなく、全ての学生を平等に受け入れるため、1955年以降、日本の教育制度で学んだ人を4月に、外国の教育制度で学んだ人を9月に受け入れてきました。そして、多様化の進む今日への対応として、2017年からは、外国の教育制度を経た学生にとって、自分の言語環境や教育背景に合わせて4月と9月のどちらでも入学できるような入学者選抜制度(ユニヴァーサル・アドミッションズ)を順次導入しました。

そして献学から65年以上が過ぎた現在では、多様な教育制度から出願ができること、日本語を基礎から学べる日本語教育プログラムがあること、教育の質が高いこと、リベラルアーツカレッジであることなどを理由に、毎年世界50カ国・地域からの学生が入学します。

このキャンパス環境の中で、日本人同士でも異なる価値観は、海外からの留学生との間ではさらに異なります。多様な教育背景をもつ学生が共に学ぶ、真の多様性に満ちたICUのキャンパスは、あらたな心の眼を開き、国際社会において信頼される人=「地球市民」の素養を養います。

最初に戻る
リスト版 ダイアグラム版