キャンパス・グランド・デザイン

これからの60年を見据えたキャンパスの整備

はじめに

グローバル・リベラルアーツ教育のモデル構築を目指して

国際基督教大学(ICU: International Christian University)は、1953年、「国際的社会人としての教養をもって、神と人とに奉仕する有為の人材を養成し、恒久平和の確立に資すること」を目的に、日本初のリベラルアーツカレッジとして、東京郊外の三鷹の地に誕生しました。

そして去る2013年、ICUは献学60周年を迎えました。2014年には本学の取組「信頼される地球市民をはぐくむリベラルアーツのグローバルな展開」が、文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援事業(タイプB)」に採択されました。この構想を通じて、開学以来の日英両語による「バイリンガル・リベラルアーツ教育」をさらに発展させ、グローバル・リベラルアーツ教育のモデルを構築します。

学生と教職員が教室の枠を超えて学びあうキャンパス

ICUの特徴の一つは、構成員相互の全人的な交わりを重視する伝統です。深い森に囲まれた62万平方メートルのキャンパスには、本館(教室棟)や理学館、体育館等の教育施設はもとより、学生寮や教員住宅が点在し、学生と教職員が教室の枠を超えて学びあう環境を提供しています。このかけがえのない校地は、第二次世界大戦後の荒廃の中、本学設立の理念に賛同した多くの方々からの募金により購入されたものです。

キャンパス・グランド・デザインについて

目 的

一方、60年にわたり共に歴史を築いたキャンパスの施設には、経年による老朽化が見られるため、ICUは、次の60年を見据え、21世紀のICUのリベラルアーツを実践するにふさわしい、新施設の建設および一部施設の建て替え等の基本計画策定を決定しました。この基本計画を「キャンパス・グランド・デザイン」と位置付け、これから60年かけてICUが創るキャンパスの未来像と、それに向けた短・中期の移行ステップを具体的に示しています。「キャンパス・グランド・デザイン」の設計は、日本設計および隈研吾建築都市設計事務所に委託、この設計に大学教職員が参画しました。

過去と現在、未来の学生と教職員、そのご家族、同窓生、地域の皆様にとって、いつの時代も「戻るべき場所」であり「世界へのゲートウェイ」であるICUのキャンパスは、これからも、さらに豊かに発展してまいります。

これまでに建設されたのは、2017年4月に開寮した学生寮、樅(もみのき)寮と楓(かえで)寮の2棟(定員計320名)です。この2棟の新学生寮は、寮生のみならず、学外に住む通学生も利用できる1階共用スペースが特徴です。そして、今後の建設が決定しているのは、体育施設、学内住宅です。2016年5月開催の学校法人国際基督教大学理事会・評議員会において、新体育館と新プールの建設方針を含む体育施設の建設と学内住宅の整備計画が承認されました。これを受けてICUは、その建設に着手しています。

6つのコンセプト

(注)以下の図はすべてイメージであり、今後変更されることがあります。

1.アカデミックアクティビティ環境を最適化するゾーニング

<キャンパス全体図>


キャンパスにおける教育研究を続けながら計画的に施設を建て替えるには、キャンパスの用途をエリア別に整理する「ゾーニング」が不可欠です。キャンパス・グランド・デザインでは、キャンパスを「礼拝堂」「アカデミック」「野外教育研究」「学生活動」「スポーツ」「学生寮」「学内住宅」「高等学校」「管理」の9つのゾーンに再整備します。各ゾーンの特色を最大限に活かしながら、それぞれに適した整備を進め、魅力あるキャンパスを創成します。

2.クアドラングル(広場空間)を中心とする一体化したキャンパスの実現


献学時のキャンパス計画を立案した建築家、W.M.ヴォーリズの構想には、キャンパス中心部に広々としたクアドラングル(広場空間)がありました。本館前の芝生広場を拡大し、さらに礼拝堂前のロータリースペースを再整備、キャンパス中心部の広がりを連続させて一体とし、奥行きを持たせます。

3.献学の理念とキャンパスの記憶を継承した新たな教育環境の創出


献学の理念とキャンパスの記憶を継承した、新たな教育環境の創出を目指します。教室棟など施設においても、理系と文系の学問分野の統合を具現化するほか、様々な専攻の学生と教員の交流を促すラーニングコモンズや、学びと議論を深め、発表する情報ラウンジを新設します。さらに、一貫した少人数教育、様々な形式の授業、テクノロジーの進歩に対応する教室をデザインします。また、新しい学生寮2棟を建設(定員計320名)、ここに、寮生と自宅やアパートからの通学生が共に利用するコモンスペースを新設します。これでキャンパス内の学生寮は、在学生の30%に当たる約900名の寮生が生活する全10棟となり、課外での教育機能が強化されます。

4.自然と調和した美しいキャンパス実現のための緑の活用と適切な整理

豊かな自然と東京有数の広さ(62万平方メートル)を誇る本学のキャンパス。武蔵野の森の自然保護・維持と、稀少動植物との共存を図りながら、歴史と共に大きく成長した木々の価値を活かすため、各ゾーンの機能に合わせた「緑の風景」を定めます。見通しのよい景観と、健全な樹木育成のための剪定・下草刈を行い、ICUの貴重な財産であるキャンパスの自然をより多面的で美しく広げ、後世に伝えます。

「緑の風景」の例

礼拝堂エリア

礼拝堂前の広場空間を中心に、大きく成長した樹木と施設群が共存する、キャンパスの顔となる風景

マクリーン通りエリア

正門から大学礼拝堂へと向かう全長600メートル、ソメイヨシノが72本続く桜並木

野外教育研究エリア

気軽に立ち寄る場として後世に残す、都内でも貴重な豊かに広がる武蔵野の雑木林

学生寮エリア

適度に視線をさえぎる木立に囲われた、風通しよく心和む居住エリア

5.キャンパス内の安全で快適な動線の構築


クアドラングル(広場空間)を中心に、歩行者・自転車・自動車の動線を整備し、利用者別の動線を明確にして、誰もが動きやすいキャンパスとし、多様な学生・教職員・来訪者の安全と利便性に配慮します。整備された動線に沿った新たな照明計画を併せて策定し、人にとっては安全で美しい、動植物にとっては生育しやすい環境を保つ、夜間照明を実現します。

6.エコキャンパス・合理的エネルギー計画

自然との調和を謳うキャンパスにふさわしい、太陽熱や自然通風など自然エネルギーを最大限活用した、合理的エネルギー計画を策定します。中でも冷暖房システムは、従来の集中方式から、各施設の個別のニーズに対応した個別分散方式へ段階的に移行します。これらの施策により、キャンパス全体での省エネルギー化を図りながら、教育研究に最適で持続可能なエコキャンパスを追求します。

●キャンパス・グランド・デザイン全体像(2030年頃のイメージ)

* 2016年5月更新。キャンパスの動線計画の一部変更が反映されました。

2020年までの工程表

(注)記載年は検討開始から。以下はすべて現在の計画であり、今後変更されることがあります。

2020年以降も、キャンパス・グランド・デザインの6つのコンセプトに沿った、キャンパスと施設の再整備を続けてまいります。

エコキャンパス実現に向けた自然エネルギーの利用

国際基督教大学(ICU)は、大学の取組指針を定めた「ICU環境宣言」において、次のように宣言しています。

「ICUはその環境に関する全学的立案と決定に際して、環境に対する敬意と配慮、キャンパス生態系維持への努力、そして地球市民としての責任に、その根源的な価値を認める。ICUコミュニティを構成する教員、職員および学生のすべては、自らの営みが地域的および地球的環境に影響を及ぼすものであることを深く自覚する」。

キャンパスエネルギー検討委員会での議論

今後数十年間に起こる可能性のある施設の新規建設や建て替えを想定した上でキャンパス内のゾーニングを定め、将来にわたり、教育・研究・学生生活に支障なく、施設の新規建設や建て替えが実施できるよう考慮した長期計画「キャンパス・グランド・デザイン」の検討を機に、今後の新たな60年に向けて中長期的、総合的かつ計画的な視点に立って、ICUキャンパスにおけるエネルギー方針を定めようと、2014年12月、学内に「キャンパスエネルギー検討委員会」(委員長: 岡野健教授、物理学メジャー)が設置されました。同委員会では、次の3項目につき検討されました。

①省エネルギーの促進に向けた多様なエネルギー源によるエネルギーの高効率化
②温室効果ガスの削減を含めてサステイナブルキャンパスに向けた環境対応
③大災害時にエネルギー供給が途絶える場合に備えたレジリエンス機能

委員長を務めた岡野教授によると、キャンパスエネルギー検討委員会では、次のような議論がなされました。

岡野健教授
物理学メジャー

「ICUにとってのエコキャンパスとは何か、構成員間で合意を形成し、共通の価値観とすることが重要であるという点で一致しました。さらに、広いキャンパスに点在する様々な施設に、エネルギーをどう配給するべきか、設備コストも含め徹底的に検討しました。また、給湯器熱源装置(ボイラーなど)からキャンパスの隅々に熱水を送って各施設を暖める『セントラル・ヒーティング・システム』に代わるものとして、主なエネルギーを電気とし、非常時にはガスを利用、さらに廃熱を無駄なく利用して総合エネルギー効率を高めるコジェネレーションの導入を決めました。

一方、教育への活用に関しては、『ICUの目指すエコキャンパスでは、エコ技術やそれにより得られたデータを教育に活かすことを指針とする』ことで、合意しました。例えば、環境研究メジャーの学生が、エネルギー消費データをもとに卒業研究を行ったり、経営学メジャーの学生が、施設内で環境ビジネスのビジネスプランを試行したりするのも一案でしょう。学生も教員も、エコキャンパスから多くを学べる仕組みを整えたいと考えています」。

同委員会がまとめた答申は、キャンパス・グランド・デザインの基本方針として採用されました。そして今後も、社会の変容と技術の発展に柔軟に対応するため、今後も、この基本方針は定期的に見直されます。

新しい学生寮に導入された技術と取組み

キャンパス・グランド・デザインの最初の計画として、2017年4月に開寮した新しい学生寮2棟にも、もちろん環境に配慮した技術と取組みが採用されました。主なものを紹介しましょう。

① 階段上部に換気窓を設置

新しい学生寮2棟の中央部に計画している2つの階段室の最上部に換気窓を設け、年間通して上空20~25メートルの空を平均秒速3メートルで吹く自然風が、内部に上昇してたまった空気を先の換気窓から上空へ自然誘引し、各階に自然通風を促す仕組みを採用しました。また、季節により、換気口を閉じて機械換気を利用し、コントロールします。快適さと省エネを両立させて、自然を感じるさわやかな空気を取り入れる工夫です。

② 電力の見える化で省エネ促進、教材提供

各階で消費電力を計測、管理室のパソコンで、全フロアーの電力消費状況を見ることができます。寮生は、自分たちの生活がどれだけのエネルギーを消費するのか、また、それはどの程度コントロールできるのか、実感しながら生活します。さらに、過去のデータをダウンロードすることもできるため、これらのデータを、教育・研究に活用することも可能です。

③ 各階ごとに小分けした空調運転

寮室の空調は、各階で電源を入/切できます。その階の状況に合わせ、無駄なく最適な空調で生活できます。

④ ペアガラスの断熱窓

すべての寮室の窓は、ペアガラス(二重ガラス)を採用します。ガラスとガラスの間の空気層をどの程度とるかにより、ペアガラスの断熱性能基準は3段階に分かれますが、新しい学生寮の寮室の窓には、北海道など寒冷地で使用されるものの次のランク、第二水準のものが使われます。

⑤ 太陽光パネルで常備灯に電力供給

階段の常備灯は、太陽光パネルによる発電です。コストに鑑み、すべての電気を太陽光発電で補うことは不適ですが、停電時に利用できる蓄電池を併設し、緊急時に備えます。

⑥ 全館にLED照明

寿命が長いLED照明を利用します。2棟の学生寮のLED照明数は、計1000個以上。LED導入により、電球の交換コストを抑えます。

⑦ 電気とガスのエネルギーバランス

1階の共用部はガス、2階以上は電気と、電気とガスを併用することで双方のメリットを最大限生かし、ライフサイクルコストの低減を図ります。

他の施設でも将来的に導入が見込まれるエコ技術

現在、一般に建設される多くの施設において、自然エネルギーが積極的に利用されています。キャンパス・グランド・デザインに基づいて、学内に建設される施設においても、自然エネルギーを利用したエコ技術を積極的に取り入れる方針です。その主な手法は、「ナイトパージ」「クールピット」「人のいる場所だけのスポット空調」「大空間では床付近のみを空調」「エネルギーを使わず除湿するデシカント空調」「コジェネレーション」です。

ナイトパージ

気温の下がる夜間に外気を取り入れ、夏、春、秋は夜間建物を冷やすことで、次の日の午前中は空調がなくても過ごせるような環境を創ります。

クールピット

夜間に外気を地下ピット経由で取り入れ、夏でも低い地中温度を活用します。さらに突風の侵入を防ぎ、ほこりを落とし、防虫網で虫の侵入を防ぎ、柵で人の侵入も防ぎます。

人のいる場所だけのスポット空調

ナイトパージにより、ある程度の快適環境を創った上で、椅子やテーブルの周囲など、人がいる場所だけに機械の空調をプラスして快適性を向上します。「人が快適と感じる環境を作るため、自然エネルギーを活用し、機械による補助を加える」という考え方です。

大空間では床付近のみを空調

同様に、空調費がかさむ大空間は、人が活動する床面付近を重点的に暖めたり冷やしたりして、空調エネルギーを大幅に削減します。

エネルギーを使わず除湿するデシカント空調

デシカント空調システムとは、温度と湿度を別々に制御するものです。通常の空調方式に比べ、省エネでより快適になります。

コージェネレーション

ガスコージェネレーションシステムでは、都市ガスを使って発電、同時に排出される熱を暖冷房やプール加温に利用します。

キャンパスの広さと深い緑、吹き渡る風とクリーンな空気――これらICUのキャンパスの利点を、最適コストで最大限に活用する最新技術や工夫、そして、その技術や工夫の効果を教育研究に活かす仕組みを整え、キャンパスをよりサステナブルに発展させる計画、それがキャンパス・グランド・デザインなのです。

よくあるご質問と回答

Q1~Q4 2016年6月20日更新
Q5~Q7 2016年9月21日更新
Q1 2017年5月19日更新

Q1. 「キャンパス・グランド・デザイン全体像(2030年頃のイメージ)」には、現在キャンパスには存在しない新しい施設も描かれていますが、どの施設がいつ建設されるのですか?

A1. 今回策定したキャンパス・グランド・デザインは、今後数十年間に起こる可能性のある施設の新規建設や建て替えを想定した上でキャンパス内のゾーニングを定め、ICUが将来にわたり、教育・研究・学生生活に支障なく、施設の新規建設や建て替えを実施できるよう考慮した長期計画です。よって、施設の新規建設や建て替え計画はあくまでも想定であり、一部を除き決定されたものではありません。

現在(2017年5月1日現在)、ICUが建設を決めているのは、学生寮2棟(定員計320名)、体育施設、学内住宅です。新しい学生寮は2017年4月に開寮しました。

そして2016年5月開催の学校法人国際基督教大学理事会・評議員会において、新体育館と新プールの建設方針を含む体育施設の建設と学内住宅の整備計画が承認されました。これを受けてICUは、具体的な建設計画の立案に着手しています。

Q2. 本館前の芝生広場、いわゆる「バカ山」は残りますか?

A2. 現在、ICU最大の教室棟である本館の前には、ゆるやかな斜面を持つ芝生広場が広がっており、学生はここを「バカ山」と呼んで親しみ、憩いの場としています。キャンパス・グランド・デザインでは、この「バカ山」と周囲の空間を残します。「キャンパスの記憶の継承」は、キャンパス・グランド・デザインのコンセプト実現に向けた6つのデザイン方針の一つに位置付けられています。

Q3. 新しい本館はいつ建設される予定ですか?

A3. 新本館の建て替え計画については、今後検討を進めます。建設計画は決まっておりません。

Q4. キャンパス・グランド・デザインは、ICUの広大なキャンパス(62万平方㍍)全体に関わる計画です。少人数教育のリベラルアーツカレッジであるICUの財政で、この計画を実行できるのですか?

A4. キャンパス・グランド・デザインは、今後数十年間に起こる可能性のある施設の新規建設や建て替えを想定した上でキャンパス内のゾーニングを定め、将来にわたり、教育・研究・学生生活に支障なく、施設の新規建設や建て替えが実施できるよう考慮した長期計画です。これを踏まえて描かれた「キャンパス・グランド・デザイン全体像」は、2030年頃のキャンパスの姿を、現時点で想像したイメージです。いつの時代もICUは、学生が存分にグローバル・リベラルアーツを学ぶのに必要な施設を効率的かつ計画的に整備します。その際に必要な費用は、ICUの財政負担を十分考慮して決定します。

Q5. キャンパス・グランド・デザインは、大学の理念をどう具現化するのでしょうか?

A5. キャンパス・グランド・デザインとは、2013年に献学60周年を迎えたICUが、次の60年を念頭に、21世紀のリベラルアーツを実践するにふさわしいキャンパスを整備するため、キャンパスの未来像と、それに向けた短・中期の移行ステップを具体的に示した基本計画です。 ICUが献学時に定めた3つの使命「I(国際性)」「C(キリスト教)」「U(学問)」の実現が、キャンパス・グランド・デザインの中では、次のように示されています。

「I(国際性)」
...... 世界中から集う学生や教員の文化が交錯する、学生寮や学内住宅の整備
「C (キリスト教)」
...... 構成員の人格的な交わりを促す礼拝堂への、アプローチの整備
「U (学問)」
...... 対話を重視する、少人数教育実践のための教育施設(例えば体育施設)の整備

キャンパス・グランド・デザインは、献学の理念とキャンパスの記憶の継承を、コンセプトの一つとしています。さらに、ICUが謳う「環境宣言」を踏まえ、自然と調和した美しいキャンパス実現のための緑の活用と、適切な整理、武蔵野の森の豊かな自然の保持・維持と稀少動植物との共存を目指しています。

Q6. キャンパス・グランド・デザインの策定は、どのように決まったのでしょうか?

A6. 2012年、理事会は「キャンパスマスタープラン」を承認し、「将来計画を検討・決定する際の指針やよりどころとなるフレームワーク」が決まりました。これを踏まえ、学内で「本館(教室棟)」「体育施設」「新しい3寮(欅、銀杏、樫)に続く学生寮」「学内住宅」の今後のあり方に関する委員会が発足し、議論が始まりました。

その議論を踏まえ、上記施設の受け皿であるキャンパスについて、エリアごとの具体的な機能と統一感あるデザインを定める「キャンパス・グランド・デザイン」を策定すると決まり、2015年にキャンパス・グランド・デザインが完成しました。

なお、この中では、キャンパスの将来イメージを示すため、2030年ごろのイメージ図や工程表も作成されましたが、これは現時点での案であり、予定地については候補地を記載したもので、今後変更されることがあります。

建設が決まった学生寮、体育施設以外の、主な施設の整備計画等の現状は次の通りです。

学内住宅:2016年、整備計画が承認されました。
本館:建て替えを行うかどうかを含め、本館の建設計画は決定していません。
ディッフェンドルファー記念館東棟:建て替えを行うかどうかを含め、同館東棟の建設計画は決定していません。
芝生広場:ICU最大の教室棟である本館の前には、ゆるやかな斜面を持つ芝生広場が広がっており、学生はここを通称「バカ山」と呼んで親しみ、憩いの場としています。キャンパス・グランド・デザインでは、この芝生広場と周囲の空間を大切に残しています。

Q7. 「キャンパス・グランド・デザイン」設計の委託先は、どのように決まったのでしょうか?

A7. 公平かつ公正な設計会社選定のため、競争入札を行いました。キャンパス・グランド・デザイン策定方針を定めた後、理事会は、長年にわたる豊富な実績を持つ設計事務所の複数候補を6社に絞り込みました。その後各設計事務所からの提案を受け、公正かつ慎重な審査の結果、理事会において、日本設計および隈研吾建築都市設計事務所への委託が承認されました。

==

<担当オフィス>
ICUキャンパス・グランド・デザイン事務局
Email: cgd-office@icu.ac.jp

Page top