サービス・ラーニング

みなさん、サービス・ラーニングという言葉の意味をご存知ですか。

「サービス」だから、ボランティアでしょうか?

課外活動でしょうか?就職に備えた社会活動でしょうか? 

そもそも、なぜ、大学で行われているのでしょうか?

サービス・ラーニングは、学生が自発的な意思に基づいて、一定期間無償で社会奉仕(サービス)活動に従事し、「大学での学びを社会に還元し」、「社会での体験を通して知識や理解をより深め」、「それを個々の学習活動(ラーニング)に活かす」という、実践型・循環型の教育プログラムです。サービス・ラーニングへの参加で得た経験や新たな視点は、その後の専修分野の選択、卒論、卒業後の職業選択の基盤となります。

サービス・ラーニング関連科目履修の流れ

ICUでは、サービスの経験が、単なる体験にとどまらず確実に生きた学びとなるよう、春学期には「サービス・ラーニング入門」、「サービス・ラーニングの実習準備」を履修し(事前学習)、夏休みの約30日間に及ぶ実習の後、秋学期には、「ふりかえり」となる科目を履修(事後学習)するという、通年にわたるカリキュラムでプログラムに取り組んでいます。

サービス・ラーニング関連科目の中心となるのが、夏休み中に行う「サービス・ラーニング実習」です。これは、活動先により「コミュニティ・サービス・ラーニング」、「国際サービス・ラーニング」に分かれています。

コミュニティ・サービス・ラーニング

コミュニティ・サービス・ラーニングは、日本国内のNPOやNGO、自治体などの公共機関、福祉施設でサービス活動を行います。ICUサービス・ラーニング・センター(SLC)とパートナー関係にある機関で活動したり、センター主催のサービス・ラーニング留学生プログラムに参加することもできますが、原則として、学生が活動先機関を自分の興味と関心に合わせて主体的に選び、自ら受入れの交渉をします。そのプロセスや現場を通して、身近な地域社会について深く学べることが大きな魅力です。コース開設当初からICUとつながりのあるパートナー機関には、継続的に派遣を行っています。

履修スケジュール

パートナー機関一覧

(2017年度実績)

機関名 実習期間 派遣人数
WWFサンゴ礁保護研究センター しらほサンゴ村 7、8月中 4名
アジア学院 7月下旬~8月下旬の約4週間 1名
興望館 7月、8月中 0名
サービス・ラーニング留学生プログラム 7月~8月の約4週間 4名

※実習先の機関活動内容、期間、派遣人数は年によって変動します。



WWFサンゴ礁保護研究センター しらほサンゴ村(沖縄県石垣市)

実習期間:7月、8月中
2017年度派遣人数:4名

国際的環境保全団体である世界自然保護基金(WWF)の日本支部。日本支部は、本部の東京と沖縄県石垣島の2箇所に分かれており、ICU学生は例年、石垣島白保地区の民宿に宿泊しながら、「サンゴ礁保護研究センターしらほサンゴ村」にてセンター内の事務補助のほか、白保日曜市の準備運営(地域おこし)、しらほ子どもクラブの活動補助などを行います。

参加者の声
WWFサンゴ礁保護研究センター しらほサンゴ村  参加者

国際的環境保全団体であるWWFの日本支部。日本支部は、本部の東京と沖縄の石垣島の2つに分かれていて、私たちは石垣島白保にある「サンゴ礁保護研究センターしらほサンゴ村」で、白保地区内の民宿に宿泊しながら、サービス活動を行いました。

活動内容はセンター内の事務補助の他に、持続的な地域作りを目指してサンゴ村で取り組んでいる白保日曜市の準備・運営の手伝い、小中学生がメンバーであるしらほ子どもクラブの活動の手伝いなどです。

また、サービス活動期間である7~8月には、白保地域と関連した行事やイベントもいくつかあり、しらほサンゴ村の一員として参加することもできます。その行事やイベントに参加することによって、サンゴ村の方だけでなく、白保のおじぃやおばぁ、子どもたちともふれ合うことができ、白保の良さをそこに住む人々からたくさん感じることができます。施設での仕事で学ぶ事はもちろん多いですが、白保というコミュニティから学ぶ事がとても多く、滞在時間の全てが良き学びの時となりました。

アジア学院(栃木県那須塩原市)

実習期間:7月下旬~8月下旬の約4週間
2017年度派遣人数:1名

アジア・アフリカなどから農村開発従事者を研修生として受け入れ、地域コミュニティの農村リーダーを養成する国際人材教育機関。研修生のほか、国内外からのボランティアも積極的に受け入れており、国籍・人種・宗教・習慣・価値観など、さまざまな違いを持った人々が互いを認め合いつつ、共同生活を送っています。研修生やボランティアと寮生活を送りながら、農作業に従事し、食、途上国開発、農業について考えます。

参加者の声
アジア学院 参加者

栃木県那須塩原市に1973年設立されたアジア農村指導者養成専門学校。ここは、毎年アジア・アフリカなどからの農村開発従事者を研修生として受け入れ、地域コミュニティの農村リーダーを養成する国際人材教育機関です。研修生の他、国内外からのボランティアも積極的に受け入れており、国籍、人種、宗教、習慣、価値観、さまざまな違いを持った人々が、互いを認め合いつつ、アジア学院にて共同生活を行っています。「ひとといのちを支える食べものを大切にする世界を作ろう―共に生きるために―(that we may live together)」をモットーに、学院敷地内外で有機農業を実践、自給自足を営んでいます。

サービス・ラーニング活動者の場合、農作業や炊事作業に従事しながら、研修生やボランティアと寮生活をします。公用語は英語です。3・11による被害を大きく受けましたが、新食堂の建設や、独自で放射能測定を行うベクレルセンターを設立するなど、復興に向けた取り組みを積極的に行っています。

私たちの命に欠かせない"食べ物"のこと、途上国開発への姿勢、農村リーダーたちの想い、農業の尊さなどたくさんのことを肌で感じ、手で直に触れ、体で学んだ30日間でした。また3・11に向き合い、共に生きるとは何かを本気で考えているアジア学院職員の方々との出会いは貴重でした。ぜひアジア学院で人と出会い、学び、大地を感じてきてください!

興望館(東京都墨田区)

実習期間:7月、8月中
2017年度派遣なし

墨田区京島にある社会福祉法人。地域活動部、児童養護施設沓掛学荘、保育園の三つを柱に「地域の人々と共に福祉課題をとらえ、その解決のために実践していくこと」という目標を掲げ、事業が展開されています。興望館でのサービス活動では、保育園、学童、年配者プログラム、キャンプにおけるボランティアスタッフとして活動のサポートに入ります。

参加者の声
興望館 参加者

興望館は、スカイツリーのふもとの東京都墨田区京島にある社会福祉施設で、地域活動部、児童養護施設沓掛学荘、保育園の三つを柱に事業を行っています。1919年の事業開始当初からキリスト教精神のもと「地域の人々と共に福祉課題をとらえ、その解決のために実践していくこと」という目標を掲げ、現在も事業が展開されています。

興望館のサービス活動では、保育園、学童、年配者プログラム、キャンプにおけるボランティアスタッフとして活動のサポートに入ります。一つのプログラムが終わるたびにリフレクションの場が設けられ、自分たちの意見を交換し合うことができるようになっています。活動や多くのリフレクションを通して、京島という伝統ある独特な地域の特徴がいかに子どもたちの中に浸透し、対人関係や日々の生活に影響しているかを垣間見ることができます。また、興望館のある押上駅までは、ICUから電車で往復2時間位かかるため、電車の乗車時間に自分のリフレクションタイムが意図せずとも設けることができました。これは遠いならではの利点です。興望館での活動は施設が拠点を置く地域の社会性やその地域の中にある施設の役割を大いに感じることができます。子どもというテーマ以外にも地域の役割について学ぶことができるのでサービス・ラーニングをするにはとても興味深い場所です。

サービス・ラーニング留学生プログラム

実習期間:7月、8月中の約4週間
2017年度派遣人数:4名

ICUサービス・ラーニング・センターとミドルベリー大学(米国)が協働企画・運営するプログラム。ICU生、ミドルベリー大学生、アジアからのサービス・ラーニング留学生が、農山村地域や三鷹市内での小中学校、高齢者施設、子育て支援事業などで活動を行います。オリエンテーション、チームビルディング、活動後のリフレクションやプレゼンテーションを通して各国の学生と共に、サービスや日本社会について深く考察する機会を持ちます。

参加者の声
サービス・ラーニング留学プログラム(JSSL) 2016年度参加者

現在、国際基督教大学が提供しているサービス・ラー二ングには、国内で活動を行うコミュニティ・サービス・ラー二ングと、海外で活動を行う国際サービス・ラー二ングの2種類がありますが、JSSLはその両方の特徴を兼ね備えていると感じたため、応募に踏み切りました。JSSLはコミュニティ・サービス・ラーニングの中の一つですが、アメリカやアジア各国から学生たちが参加するため、実際、国内にいながらにして国際的なメンバーでサービス活動を行うことができます。

私が参加した2016年度は三鷹市内と長野県天龍村で活動をしました。まず、天龍村では地域活性や高齢社会をテーマに活動を行いました。教育委員会による村の歴史の授業、村の特産品を使ったバーベキュー、村唯一の小学校訪問、ホームステイ。実に幅広い活動を通して天龍村のことを学び、その学びを基に、日本で2番目に高齢化が進んでいるというこの村を、どうしたら再び活性化できるかについて考えを巡らせました。

一方、三鷹市では、教育や高齢者支援をテーマに活動を行いました。三鷹市立第三小学校と第七小学校では英語の授業支援と放課後の遊び場開放の支援を、デイサービスセンター「和(なごみ)」では、スタッフの方々のお手伝いや利用者の方々との交流を行い、三鷹市について多角的に理解を深めました。

プログラム全体を通じて重視したのはリフレクション(活動の振り返り)です。そのため、活動期間中は何度もセッションを開き、各々が活動を振り返り意見交換を行いました。このような活動での学びや他国からの学生と交流を深めることで、日本という国の再発見、国際的な視野の獲得という貴重な経験を得ることができました。

私は、このJSSLのおかげで「人」や「コミュニティ」といったテーマに興味を持つようになり、主専攻を人類学に決めました。卒業論文でも「持続可能なコミュニティ形成」を大きなテーマに、研究を行っていきたいと考えています。その一環として、JSSLで得た国際的な視野を試す目的と更なる学びを求めて、今年9月からアメリカに留学することになっています。

サービス・ラーニング・センターが勧めるその他の実習機関

組織名 所在地 活動実績
カタリバ 岩手県 2014年、2015年
遠野まごころネット 岩手県 2013年、2014年
日本ユネスコ協会連盟 東京都 2013年、2014年
国連UNHCR協会 東京都 2013年、2016年
フェアトレード・ラベル・ジャパン 東京都 2013年、2014年
Second Harvest Japan 東京都 2015年、2016年
日本YWCA 東京都 2013年
ADRA JAPAN 東京都 2014年
ワールド・ビジョン・ジャパン 東京都 2015年、2017年
ガリレオ工房 東京都 2016年
キッズドア 東京都 2016年
ピースウィンズ・ジャパン 東京都 2016年
フリースペース たまりば 神奈川県 2016年

国際サービス・ラーニング

ICUの献学精神の一つである国際性を活かした奉仕活動を行うのが、国際サービス・ラーニングです。本学の国際的ネットワークを介して、海外パートナー大学・機関のプログラムに参加し、現地のNGOや公的機関でサービス活動(奉仕/ボランティア活動)を行います。世界をフィールドに、教育、福祉、開発などさまざまな分野でサービス活動を実施しています。ICUサービス・ラーニング・センターでは、アジアを中心とした大学・機関とService Learning Asia Network(SLAN)を作り、学生交換を行っています。参加学生は受け入れ大学・機関のサービス・ラーニング担当者を介し、現地のNPOや公的機関で活動を行います。

履修スケジュール

SLANパートナー機関一覧

(2017年度実績)

国・地域 大学名 実習期間 派遣人数
インド レディ・ドーク大学(女子大) 7月上旬~8月上旬の約4週間 4名(女子のみ)
ユニオン・クリスチャン大学 7月下旬~8月下旬の約4週間 4名
タイ アサンプション大学 7月上旬~7月下旬の約4週間 5名
インドネシア ペトラ・クリスチャン大学 7月中旬~8月上旬の約4週間 9名
フィリピン シリマン大学 6月下旬~7月下旬の約4週間 6名
韓国 ソウル女子大学 7月上旬~8月上旬の約4週間 2名(女子のみ)
中国 愛徳基金会 7月上旬~8月上旬の約4週間 3名
香港 香港中文大学崇基学院 6月下旬~7月下旬の約4週間 0名
嶺南大学 6月下旬~8月中旬の約7週間 0名

※実習先の国、機関、活動内容、期間、派遣人数は年によって変動します。

※実習先の機関活動内容、期間、派遣人数は年によって変動します。

レディ・ドーク大学(インド)

実習期間:7月上旬~8月上旬の約4週間
2017年度派遣人数:4名(女子のみ)

香港や韓国の学生と共にレディ・ドーク大学のInternational Sercive Learning Programに参加。主に障がい児施設、学校、孤児院で子どものサポートを行ないます。カースト制度やジェンダーに関する学生同士の討議、ホームビジット、史跡観光などを行う年もあります。

参加者の声
レディ・ドーク大学 2017年度参加者

サービス・ラーニングの参加者の多くは2年生ですが、私はメジャーを決め、学びの方向性が少しずつ見え始めた3年生になって参加を決意しました。

レディ・ドーク大学があるマドゥライは歴史のある寺院が多く、実際に複数の寺院に赴いたり、インドの食べ物や伝統衣装を体験するといった文化体験も豊富でした。またインドの宗教やジェンダーといったインドの社会に対する理解を促すレクチャーやディスカッションを設けてくれたり、さらにNGOや小学校を訪問し、学びを深めることが出来ました。

サービス活動では、孤児院と障がい者施設の2カ所を訪ね子供たちと時間を過ごしました。障がい者施設の学生たちは年齢や障がいの程度にもばらつきがあり言語の壁もあるため、心を通わせることは大変でした。アクティビティの用意に苦労し失敗することもたくさんありましたが、彼らと過ごせる時間を大切にして、与えられた環境の中で日々挑戦することで彼らと忘れられない時間を過ごすことが出来ました。

今回のサービス活動で出会った人々との関わりを通して、寄り添いながら生きることの素晴らしさや喜びを感じ、私のサービスに対するモチベーションは、相手に愛をもたらすことだということが分かりました。将来は周囲と心からの対話を作り出しながら生活をしていける環境を作っていきたいと思います。

インドでのサービス・ラーニングは長期にわたる夏休みを有意義なものにしてくれると断言できます。私自身が感じたあらゆる感情を、インドに行ってぜひ目の当たりにしてきてほしいと思います。

ユニオン・クリスチャン大学(インド)

実習期間:7月下旬~8月下旬の約4週間
2017年度派遣人数:4名

小学校、盲学校で子どもと関わったり、現地の人と共に平和について考察する活動が主体です。大学での講義受講、日本の歴史や制度についてプレゼンテーションをする機会もあります。ヒンズー教の影響が強いインドにあって、複数の宗教が混在し、一般的なインドと異なる雰囲気を持つ土地柄も魅力です。

参加者の声
ユニオン・クリスチャン大学 2016年度参加者

7月24日から8月21日までの約1カ月間、インドの南端ケーララ州にあるユニオン・クリスチャン・カレッジ(UCC)でサービス・ラーニングを行ないました。

活動としては、数日間に渡り、小学校や盲学校訪問で、日本の歌や折り紙などの文化を紹介することがメインでした。他にも丸一日使って大学や他の機関の活動に同行・参加させてもらうことができました。私は、教育メジャーで子どもが好きなので、小学校・盲学校に行きたいと思い、UCCを選びました。しかし、老人ホームや平和学習などの幅広い体験を通して、福祉や平和などの他分野に対する視野も広がったと思います。

また、サービス活動だけに留まらず、週末は観光を楽しむ時間も十分にあり、多くのインド文化を吸収してきました。

最初は軽い気持ちで応募したサービス・ラーニングでしたが、活動を終えた時、気がつけば「自分のやりたいこと」、「やるべきこと」、「必要なこと」、そういったものがクリアに見えてきました。「インドには行ってみたい...でも少し不安...」そんな方も多いことでしょう。けれど、迷ったら申し込みましょう。1カ月を共にする日本とインドの仲間、サービス活動、カレー、きっと全てが「たのしいんど」です。

アサンプション大学(タイ)

実習期間:7月上旬~7月下旬の約4週間
2017年度派遣人数:5名

サービス・ラーニングを必修としている大学であるため、タイ国内に多くの活動先を持っています。過去には、パタヤの障がい児施設や孤児院での支援、バンコク近隣の高校にて日本語・英語教育のサポートなど行っています。宿泊は大学寮とホームステイ。大学で日本語を学ぶ学生との交流の機会もあります。

参加者の声
アサンプション大学 2017年度参加者

オープンキャンパスでサービス・ラーニングを知ってから、入学したら必ず参加してみようと考えていました。タイのプログラムを選んだ理由は二つあります。一つ目は、障がい者支援のプログラムがあるので、学内で活動している特別学修支援室での経験を活かすことができると考えたことです。二つ目は、私は教職課程を履修しているので、実際に現地の高校で日本語を教えるという内容に興味がありました。

7月上旬は障がい者施設での活動でした。午前中は8時半からデイケア・センターで子どもたちの食事補助、散歩、遊び相手を務めてから、午後は障がいを持つ生徒のための職業訓練学校での活動です。日本から持参した折り紙を教えたり、代わりにタイ語を教わったりと文化交流がベースでした。翌日の活動のための下準備も大切な日課です。七夕を紹介するための短冊作り、笹の葉などを準備しました。また、7月下旬はホームステイをしながら、高校で日本語を教えました。四季や浴衣などの日本の文化を教え、ゲーム大会も企画しました。タイの伝統衣装を着られたことは良い思い出です。

私はこれまで海外に行ったことがなかったため、渡航に不安もありましたが、大学のプログラムということもあり、安心して参加することができました。活動先の高校や施設は比較的裕福な人ばかりでしたが、街を歩いてみると、小さい子が物を売っていたり、足が不自由な人が物乞いをしていたりなど、日々の生活が大変そうな人を多く見かけ、格差や、貧困という現状を目の当たりにし、視野を広げることができました。私は、開発学に興味を持っており、このサービス・ラーニングでの経験が、今後の専攻や卒論のテーマ選びに役立つだろうと思います。

ペトラ・クリスチャン大学(インドネシア)

実習期間:7月中旬~8月上旬の約4週間
2017年度派遣人数:9名

ぺトラ・クリスチャン大学のCommunity Outreach Programに参加。インドネシア・オランダ・韓国・中国・香港・台湾からの学生チームと共に、8箇所の村に分かれて、約4週間にわたる地域支援活動(施設整備・修繕事業など)を行います。英語での積極的なコミュニケーション能力が必須です。

参加者の声
ぺトラ・クリスチャン大学 2017年度参加者

2017年7月10日から8月4日までの約1カ月間、インドネシアのスラバヤにあるペトラ・クリスチャン大学が主催するCommunity Outreach Program (COP) に参加しました。各国から約200人の学生が集まり、9つのグループに分かれ、グループごとに村でホームステイをしながらサービス活動を行いました。活動先をインドネシアに選んだ理由はいくつかあるのですが、主な理由は滞在期間中にホームステイを通してインドネシアの文化を直に触れながらサービス活動ができることに魅力を感じたからです。

Physical workとnonphysical workの2種類の活動をメインに月曜日から土曜日の週6日間サービス活動を行いました。Physical workでは、ペトラ大学の学生が事前に活動する村を下見に行き、村人のニーズを聞き出してくれていたため、それに沿って学校の修復やゴミ拾い、ゴミ箱作り、堤防作りをしました。Nonphysical workでは、主にお母さん達向けに料理教室を開いたり、子ども達向けに英語や健康に関する授業をしたり、各国のメンバーが持ち寄ったプロジェクトを実行したりしました。日曜日は1日中オフだったので、グループのみんなと朝一で食材を購入し、料理をしたり、プールに遊びに行ったり、山登りをしたりと楽しい1日を過ごしました。

今回のサービス・ラーニングを通して、サービス活動についての知識や理解が深めることができただけではなく、多国籍の人との共同作業を円滑にするためにはコミュニケーションと寛容性が大切であることも同時に学ぶことができました。インドネシアで活動をする前は、「たくさんサービス活動をしてくるぞ」と張り切っていましたが、実際は村人やチームメイトから学ぶことが多く、サービスよりもラーニングの方が大きいサービス・ラーニングだったなと思います。3年次からは開発学と教育学を専攻することを考えていて、将来は開発に携わる仕事をしたいという気持ちがさらに強くなりました。

シリマン大学 2017年度参加者

実習期間:6月下旬~7月下旬の約4週間
2017年度派遣人数:6名

1週間ごとに孤児院、DV被害者支援団体、シェルター、小学校での教育サポートなど異なる団体を訪れて活動をするため、さまざまな社会問題について学ぶ機会があります。現地学生がバディとして常に付き添ってくれるので心強く、学生間の絆も深まります。

参加者の声
シリマン大学 2017年度参加者

もともと途上国や開発の分野に興味があった私にとって、個人ではなかなか訪れることのできない場所に派遣してもらえるサービス・ラーニングは、経験を積む絶好の機会でした。活動中のリフレクションを通じ、同じ時間を過ごした友人と意見交換をすることで、自分の考えを深める機会があることも魅力的でした。

活動先にフィリピンを選んだのは、サービス内容が自分の関心に合っていたことに加え、シリマン大学のプログラムでは毎週異なる場所でホームステイや活動ができるため、フィリピン社会を多方面から学ぶことができるだろうと考えたためです。

実際に、最初の1週間は孤児院に滞在をし、その他3ヵ所の幼稚園・小学校を訪問しました。英語の授業のお手伝いやスープキッチンという団体への参加を通じ、地方の村、国内有数の私立大学内の幼稚園では教育のあり方が大きく異なることを知りました。加えて、孤児院の経営者の方の理念、子どもたちのバックグラウンドや社交性の高さを学んだことは、今でもとても印象的に残っています。また2週目には山の上の、3週目には都市近辺の村に滞在し、農村独特の生活を体験しながら、地域を牽引する人々の先進的な取り組みについて直接お話を伺うことが出来ました。

現地に赴いたことで、ボランティアの力がなくとも農村等のコミュニティはそれ自身の力で成り立ちうること、そして貧困や家庭内の問題によって困難に直面した子どもたちがそんな過去を抱えながらも力強く、私達以上に前向きに今を楽しんで生きている様子を知ることが出来ました。そこから、先進国側の日本の力を持って開発を進めるべきだとは必ずしも言えないことを実感しています。またフィリピン人の前向きで笑顔を大切にする文化から、日本社会においてこのような前向きさは見られるのだろうか、と両国を対照的にとらえるようになりました。

このようなサービス・ラーニングの経験から、まずは専攻に関して国際的課題よりも日本の課題を扱いたいという方向性を明確化することができました。加えて、開発途上の地域と関わる際「支援をしてあげなくては」という上からの目線ではなく、そこに暮らす人々と、より対等な目線で向き合う姿勢に近づくことが出来たと思っています。

ソウル女子大学(韓国)

実習期間:7月上旬~8月上旬の約4週間
2017年度派遣人数:2名(女子のみ)

現地学生、香港からの学生と共に児童センターや低所得者向けのコミュニティセンターでの子どものサポート、日本語・日本文化を教える活動が中心です。日中韓のよりよい関係作りを目的としているため、三国に関連のあるテーマでチームごとにプロジェクトを行い、国際協力機関に提出する年もありました。他国の学生と学び合う機会が持てることも魅力です。

参加者の声
ソウル女子大学 2017年度参加者

私は、主に二つの理由から韓国での国際サービス・ラーニングに参加しました。一つ目は、ボランティアとはどのようなものなのか、一度経験してみたいと思っていたこと。二つ目に歴史的、政治的な観点から日韓問題に興味があり、この問題について考察する機会を 持ち、理解を深めたいと思っていたことです。

ソウル女子大学のプログラムに参加したのは韓国の学生4人、日本の学生2人、香港の学生2人の計8人で、サービス活動の時は2グループに分かれてそれぞれ活動していました。私のサービス活動内容は、放課後に子ども達が集まるコミュニティセンターに行って日本と香港の文化を教えるというものでした。具体的には、日本語を教えたり、日本についてプレゼンテーションをしたり、どら焼きを作ったりしましたが、特にどら焼きは「ドラえもん」に出てくる食べ物とあって、子どもたちにとても喜んでもらえたのが印象的でした。2つのコミュニティセンターで活動したのですが、子ども達の年齢層が違ったので、それぞれの年齢に合ったサービスの内容を考えるのに苦労しました。

韓国でのサービス・ラーニングは、サービス活動の時間が少なかったり、事前に聞いていた日韓関係についてのワークショップがなかったりと、期待していた内容と異なっていたので戸惑う事もありました。しかし同時に、サービスで学んだ事から思わぬ方向に将来の選択肢が広がったなど、参加したからこそ得られた事も多くあります。サービス・ラーニングは、参加して後悔することはないと思います。

愛徳基金会(中国)

実習期間:7月上旬~8月上旬の約4週間
2017年度派遣人数:3名

南京に本部のあるキリスト教系のNGOで、中国全土で事業展開しています。その中の教育部が毎年ICU生のためにアレンジしてくれるサービス活動。愛徳基金会が運営する知的障がい者施設や老人ホーム、少数民族コミュニティなどで活動します。欧米からのボランティアも受け入れているため、一緒に活動する機会もあります。

参加者の声
愛徳基金会 2016年度参加者

私は中国のNGO組織である愛徳基金会を通して、約1カ月間南京に滞在し、サービス活動をしました。歴史認識への関心、地元の人との交流、サービス活動を長期間経験してみたかったというのが応募の理由です。主な活動はコミュニティーセンターでの日本文化紹介、自閉症の子供を預かる施設でのお手伝いです。日本文化紹介では折り鶴を教えたり、ゲーム「フルーツバスケット」をして一緒に遊んだり、日本料理を作って紹介したりと、子供たちと交流を図りました。自閉症の施設では、5才前後の子供たちのクラスに入り、先生のアシスタントとして活動をしましたが、先生は英語を全く話せず、一方の私たちは中国語が話せないため、上手くコミュニケーションがとれないという苦労がありました。

1カ月間の活動を通して、中国のローカルな面に強い興味を抱き、旅行では決して得ることができない経験は刺激的で、アジア研究専攻を決意する大きな後押しとなりました。また人間形成の面で感じたことは、今後は一対一の関わりを意識していきたいということです。渡航前は、中国の人は日本人にむき出しの嫌悪感を向けてくるのではないかと不安でした。しかし想像とは反対に、私たちが出会った南京の方は、みんな快く迎え入れてくれたのです。 「日本人」ではなく一人の人として向き合ってくれた、その姿勢を見て、これからは人と人の交流を大切にして生きていこうと思いました。後輩には、国・地域を問わず、サービス・ラーニング・プログラムに参加してほしいと思います。楽しいことも辛いこともありますが、どれも貴重な経験になるので、大学での学びを有意義にするためにもお薦めしたいです。

香港中文大学崇基学院(香港)

香港中文大学崇基学院(香港)
派遣人数:0名(2017年度は派遣なし)

最も古いパートナー大学。香港社会、中国との歴史、人々の意識を学べる貴重な機会が与えられます。香港中文大学崇基学院の学生、韓国人学生と共に新界地域の移民・障がい者・児童に対して文化的な交流を主としたサービス活動を行います。

参加者の声
香港中文大学崇基学院 2015年度参加者

香港中文大学崇基学院のサービス・ラーニングは、活動場所の候補が複数提示され、自分の興味に近い活動先で、約1カ月月間サービス活動を行います。私たちは香港に向かう前に大学の担当者とメールでやり取りをして、ベースとなるサービスの対象を「中等教育の子ども」と「高齢者」の二つから選ぶことができました。複数のサービスに携わることで多角的に香港の問題を考察できました。

サービスは現地の大学生と協力して行います。グループによって違いはありますが、主な活動は日本文化の紹介です。スケジューリングは現地の学生の手を借りて行いますが、自分達ですべて一から組み立てます。内容は活動先のニーズに答えながら自分達ができることを考え、子ども達には福笑いや日本語を教え、妖怪体操を一緒に踊ったりしました。高齢者の方とは日本語の習字や体操を一緒に行いました。4週間の中で完全なる休日は5日間もないほど毎日がサービスや社会見学で充実していました。

ラーニングに関しては、毎週活動内容とリフレクションを記入し、現地のサービス・ラーニング担当者に提出することが求められます。毎週末、現地担当者と学生のリフレクション・ミーティングがあるので、活動内容で改善してほしいことを伝える機会がありました。また、現地の学生や同じ時期に活動している他国の学生とディスカッションをする機会もあり、その後飲茶に連れて行ってもらうなど、国際交流や香港の文化に触れる機会も多かったです。

嶺南大学(香港)

実習期間:6月下旬~8月中旬の約7週間
2016年度派遣人数:1名(2017年度は派遣なし)

香港・台湾・中国・韓国・フィリピンなどの学生と共に活動します。2014年度はActive Aging、Social Enterprises/Entrepreneurshipを主なテーマとし、講義、リサーチ、サービス活動を行っています。また、中国雲南省昆明市へのフィールドトリップでも活動を行う機会があります。英語での活動が中心ですが、中国語ができると尚望ましいです。

参加者の声
嶺南大学 2016年度参加者

私は嶺南大学で行われたプログラム「Service-Learning Summer Institute」に参加しました。用意された4つのテーマの中から「社会的企業」(Social Enterprise)を選び、香港、台湾、アメリカの学生と一緒にグループを組みました。渡航前は他国学生とFacebookを通して交流したり、香港に関するドキュメンタリーを観たりして理解を深めておきました。現地ではテーマに関するレクチャーを受けてから施設を訪問し、その後インターンを行いました。

私たちのグループは、BiciLineという香港でのエコツアー推進・若者雇用支援を掲げている社会的企業で活動しました。ガイド担当者にインタビューをしたり、ツアー資料を翻訳したり、新しいツアーの内容や広報戦略について提案を行いました。

また、2週間四川省に行く機会もありました。四川大地震からの復興のためにNGOが運営している農村に行き、村人の取り組んでいる低炭素生活や有機農法などを学びました。

現地では毎日ジャーナル(日誌)を提出し、さらにはグループプレゼンテーションもあり、しっかりと自分の活動をリフレクション(活動の振り返り)することが求められました。また、嶺南大学の教授が対面でサポートして下さり、毎週プレゼンの内容にアドバイスをくださいました。このように、嶺南大学のプログラムはアカデミックな側面が強く、活動だけでなく、サービス・ラーニング理論についての勉強もかなりできます。ぜひ参加して、香港での濃い学びを楽しんできて下さい。

サービス・ラーニングに関するお問い合わせ

国際基督教大学 サービス・ラーニング・センター

2002年10月に設立され、2003年よりアジア地域の高等教育機関とネットワークを形成して、積極的にサービス・ラーニングを通じた学生交流を行っています。2005年には文部科学省の補助金事業(戦略的国際連携支援)に採択され、特に国際的なサービス・ラーニングに力を入れています。プログラムの説明会やオリエンテーションの実施、履修に関するサポートのほか、パートナー機関との交渉や渡航準備のフォローアップ、渡航先視察や安全対策など、学生が安心してサービス活動を行えるよう、日々支援しています。

〒181-8585 東京都三鷹市大沢3-10-2 東ヶ崎潔記念ダイアログハウス2階
Tel: 0422-33-3687 Mail: slc@icu.ac.jp

Page top