NEWS

「新型コロナウイルス緊急支援募金」へのご支援の御礼とお願い(緊急特別給付金 COVID-19)

公開日:2020年7月16日

理事長  竹内 弘高
学長  岩切正一郎

 

新型コロナウイルスが引き起こしている社会・経済・文化活動の停滞にともなって、本学でも経済的な苦境に陥る学生が出ていることから、その救済のために特別給付金制度を導入し、財政面での援助を皆様にお願い致しました。ありがたいことに、同窓生やJICUF(日本国際基督教大学財団)を始めとして大変多くの方々から、当初目標額を大きく上回るご寄付を賜ることができました。学生がCOVID-19のためにキャンパスを去ることがあってはならないという私たちの思いを力強く支えてくださっている皆さまに厚く御礼申し上げます。

現在、学生からの給付金申請を精査しているところですが、学生が置かれている経済環境には厳しいものがあり、応募者は当初予定した人数を大幅に上回っています。この状況はさらに長期化することが予想され、冬学期以降も継続的な支援の必要性が高まってきています。

このため、ICUでは、募金の目標額を引き上げ、多くの学生の経済的な負担の軽減をより一層図っていきたいと考えています。皆様からのこれまでのご厚情に改めて感謝申し上げるとともに、引き続き、緊急支援への変わらぬご理解とご協力を賜りますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

ご寄付の実績(7月14日<速報ベース>)
件 数 1,543件
金 額 68,424,079円
目標額 25,000,000円
⇒75,000,000円
(改定)

Page top