開発研究

授業をWEBで体験

ICU OpenCourseWareで、本学の授業を体験することが可能です。ぜひご覧ください。

担当教員によるメジャー紹介

各担当教員がメジャーの学びや魅力を紹介します。

Mission Statement

人間の尊厳の視点から貧困の問題を考え、公正で持続可能な開発のビジョンを明確にするとともに、学際的な開発研究の理論を現実問題の解決に適用することができる能力を持つ次世代を育成する。

Learning Goals

  1. 日本の復興・開発経験や開発協力の歴史を把握し、グローバル化する世界における経済開発、人間開発・社会開発、環境と開発などの理論研究と政策研究の基礎知識を修得する。
  2. 開発をめぐる諸課題を歴史学、政治学、経済学、社会学、人類学、教育学、国際関係学、科学技術、環境研究など学際的な視点から考察し、活用できる能力を開発する。
  3. 開発のフィールド現場や開発関連機関等における体験的学習と理論的研究とを有機的に統合する能力を養う。

具体的な履修科目

  • 一般教育科目では、学際メジャーを開始する前に、さまざまな学問と世界を関連づける視野を広げる。「開発協力論」や「開発経済論」などの科目を履修することができる。
  • 基礎科目では、開発研究に関連するさまざまな学問分野の基礎知識を習得する。「開発学入門」をはじめ「文化の比較」「国際教育研究」などの科目を履修することができる。
  • 専攻科目では、歴史、政治、経済、教育、文化、社会、国際関係、科学技術など開発研究における諸領域の理解を深める科目を学際的に履修する。ま た、途上国の大学への交換留学や国内外でのサービス・ラーニングなど開発現場での実習コースを積極的に履修することが奨励される。
  • 卒業研究では、アドバイザーの指導のもとに、開発研究における課題を多角的な視野から関連づけて分析し、学際的知識を統合することが期待される。
Page top