2020年度NEWS一覧

各種お知らせや、ICUに関するさまざまなニュースをご覧いただけます。

地球市民社会論シリーズ「社会的インパクトをめぐる世界の潮流」

公開日:2021年3月1日

2月26日(金)、教養学部専攻科目「地球市民社会論」(担当:毛利勝彦教授・国際関係学メジャー)の第5回学内公開講演を開催しました。CSOネットワーク常務理事の今田克司さんに「社会的インパクトをめぐる世界の潮流〜新しい資本主義は社会を良い方向に変えるか」というテーマでお話いただき、80名ほどの学生が…

専任職員(事務系)募集のお知らせ

公開日:2021年2月26日

現在、本学で専任職員(事務系)を募集しています。 詳しくは、こちらをご確認ください。

NSフォーラム「ハエ屋、希少未診断疾患に挑む」

公開日:2021年2月25日

2月19日(金)、NSフォーラムを開催しました。NSフォーラムは本学の自然科学デパートメントが主催して、主に学外の研究者に研究紹介をしていただくセミナーです。京都工芸繊維大学・昆虫先端研究推進拠点・ショウジョウバエ遺伝資源研究部門の高野敏行先生をお招きし、「ハエ屋、希少未診断疾患に挑む」というタイ…

地球市民社会論シリーズ「気候危機とシステムチェンジ」

公開日:2021年2月25日

2月19日(金)、教養学部専攻科目「地球市民社会論」(担当:毛利勝彦教授・国際関係学メジャー)の第4回学内公開講演を開催しました。国際環境NGO FoE Japanの深草亜悠美さん(気候変動・エネルギー担当)に「気候危機とシステムチェンジ」というテーマでお話いただき、80名ほどの学生が参加しました…

地球市民社会論シリーズ「最も弱い立場にある子どもたちのために」

公開日:2021年2月15日

2月12日(金)、教養学部専攻科目「地球市民社会論」(担当:毛利勝彦教授・国際関係学メジャー)の第3回学内公開講演を開催しました。国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパンの谷村美能里さん(法人・特別ドナー課長)に「最も弱い立場にある子どもたちのために」というテーマでお話いただき、80名ほどの学生…

長野県天龍村と「サービス・ラーニング実習に関する協定書」を締結

公開日:2021年2月4日

2月3日(水)、長野県天龍村とサービス・ラーニング・センターは、持続可能な地域社会の発展と人材の育成に寄与することを目的とした「サービス・ラーニング実習に関する協定書」を締結しました。この包括協定により、ICU生は「コミュニティ・サービス・ラーニング」という30日間の実習コースで、天龍村の課題とニー…

Stageup Stageビジネスコンテストにおいて本学学生が入賞および「総務省主催 全国起業家甲子園」関東代表に選出

公開日:2021年2月3日

本学教養学部3年の渡辺三冬(わたなべ みふゆ、メジャー:メディア・コミュニケーション・文化)さんと教養学部4年のDavid Au(AU, CHUN YAN メジャー:哲学・宗教学)さんが、2020年12月19日(土) に開催された国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)後援「Stageup St…

地球市民社会論シリーズ「基本的人権と国際人権基準」

公開日:2021年2月1日

2021年1月15日(金)、教養学部専攻科目「地球市民社会論」(担当:毛利勝彦教授・国際関係学メジャー)の学内公開講演第2回目を開催しました。アムネスティ・インターナショナル日本事務局長の中川英明氏に「基本的人権と国際人権基準〜現状と課題〜」というテーマでお話いただき、90名ほどの学生が参加しまし…

講演会「ミニシアター、およびインディペンデント系の配給会社の仕事」を開催

公開日:2021年2月1日

1月15日(金)、ミニシアターの先駆けである岩波ホール(東京都千代田区)の矢本理子氏を招いて、岩切正一郎学長主催の講演会を開催しました。本講演会は、コロナウィルス感染症拡大予防の観点から、対面とオンライン併用のハイブリッドで行われ、70人程が参加しました。 この学長主催の講演会は、「現代社会とリベラ…

地球市民社会論シリーズ「核軍縮と持続可能な平和」

公開日:2021年1月22日

2020年は原爆投下から75周年、2030年に向けたグローバル目標である国連持続可能な開発目標(SDGs)達成のための10年です。そして、2021年1月には核兵器禁止条約が発効されました。 教養学部専攻科目「地球市民社会論」(担当:毛利勝彦教授・国際関係学メジャー)では、「いま地球市民社会はどこへ向…

Page top