NEWS一覧

各種お知らせや、ICUに関するさまざまなニュースをご覧いただけます。

「長清子先生を偲ぶ会」が開催されました

公開日:2018年9月12日

本学献学の1953年に着任、長きにわたり教育・研究に力を尽くし、2018年4月に100歳で逝去された思想史学者、長(武田)清子・名誉教授を偲ぶ会が、9月8日(土)午後、大学食堂において、世話人会が主催し行われました。長先生ご遺族のほか、教えを受けた本学1期生から、著書を読んで影響を受けた現役学生まで…

英語による教授法の向上 「Oxford EMI Training」を開催

公開日:2018年9月11日

8月20日(月)から24日(金)の5日間、日本国内では初開催となるイギリスのオックスフォード大学が提供する英語による教授法の向上を目指すプログラム「Oxford EMI (English Medium Instruction) Course for University Lecturers」を本学で…

本学の教員が日本体力医学会で奨励賞を受賞

公開日:2018年9月11日

学術誌『体力科学』に掲載された本学の保健体育プログラムの城所哲宏特任講師の論文、『日本人小・中学生における体力および肥満度と血中脂質性状との関連性』が高く評価され、日本体力医学会で奨励賞を受賞しました。 城所特任講師は、9月7日(金)から9月9日(日)まで福井県にて開催された第73回日本体力医学会大…

本学の学生が約1ヶ月間「サービス・ラーニング留学生プログラム」を実施

公開日:2018年9月7日

7月4日(水)から8月1日(水)の4週間、米国ミドルベリー大学と協働で、サービス・ラーニング留学生プログラム(JSSL)を開催しました。今年度は、タイ、フィリピン、インドのSLANパートナー校※1より6名の学生を受け入れ、ミドルベリー大学の学生4名とICU生4名の計14名の学生が参加しました。三鷹市…

現職高等学校教員対象「英語力、授業力向上集中セミナー:英語を英語で教える(TETE)」開催

公開日:2018年9月6日

8月17日(金)、18日(土)の2日間にわたり、本学のリベラルアーツ英語プログラム(English for Liberal Arts、ELA)が、現職高等学校教員を対象とした「英語力、授業力向上集中セミナー:英語を英語で教える(TETE)」を開催しました。 ELAは長年にわたり英語で英語を教え(Te…

2018年秋季入学式を挙行

公開日:2018年9月3日

9月1日(土)、大学礼拝堂において秋季入学式を挙行し、海外の高校や国内のインターナショナルスクールを卒業した学生、交換留学協定大学及び招聘プログラム協定大学からの留学生、海外大学からの私費留学生など学部・大学院合わせて300人を超える学生が、本学構成員の仲間入りをしました。 入学式参加者一同での讃美…

オンライン教育手法を活用した新たな国際的な取組みを開始します。
-文部科学省「大学の世界展開力強化事業」に採択-

公開日:2018年8月30日

本学と東京外国語大学が、私立と国立の枠を超えた連携をさらに強化します。 2018年度の文部科学省「大学の世界展開力強化事業*(COIL型教育を活用した米国等との大学交流形成支援、タイプA、事業期間2018年度~2023年度 )」に、本学と東京外国語大学のオンライン教育手法を活用した新たな国際的な取組…

本学学生が性暴力撲滅のための動画を作成

公開日:2018年8月29日

本学の日本人学生と留学生の有志たちが、 国連 UN Womenによる性暴力撲滅のためのキャンペーン「HeForShe Ideathon」に取り組みました。日本の大学において考えられる性暴力について問題点と解決策についてディスカッションの結果をまとめた動画(多言語、英語字幕付き)を作成・公開しています…

本学学生が2018 模擬国連人権理事会UPR(普遍的・定期的レビュー)大会で受賞

公開日:2018年8月23日

本学の権普美さん(教養学部4年)、尹住僖さん(教養学部2年)、中野湧介さん(教養学部2年)、鈴木美帆さん(教養学部1年)が2018年7月31日から8月3日にかけて韓国ソウルの高麗大学校にて開催された2018 模擬国連人権理事会UPR(普遍的・定期的レビュー)大会に出場し、鈴木美帆さんが小論文プレゼン…

【訃報】本法人名誉評議員 ハラム C. ショウラック氏が逝去されました

公開日:2018年8月14日

本法人名誉評議員ハラム C. ショウラック氏が、2018年8月8日(水)に逝去されました。94歳。ここに謹んで哀悼の意を表し、お知らせ申し上げます。 なお、告別記念礼拝が8月中にPilgrim Place(アメリカ・カリフォルニア州)において執り行われる予定です。 ショウラック氏は、1963年に本学…

Page top