連携・交流NEWS一覧

各種お知らせや、ICUに関するさまざまなニュースをご覧いただけます。

上智大学と包括協定を締結

公開日:2018年5月24日

5月24日(木)、本学と上智大学は、各々の教育・研究の特色及び資源を活かして相互に連携・協力し、有為な人材を育成し、教育の充実を図ることを目的に、「国際基督教大学と上智大学の連携及び協力に関する包括協定」を締結しました。 キリスト教精神を根幹に持ち社会のために奉仕する学生を育む本学と上智大学は、創立…

春学期入学交換留学生ウェルカムティーを開催

公開日:2018年5月8日

4月20日(金)、本学の協定校でアメリカのカリフォルニア大学、ミドルベリー大学、イギリスのイーストアングリア大学、オランダのティルバーグ大学、ニュージーランドのワイカト大学からの交換留学生を歓迎するウェルカムティーが開催されました。 昨年の9月から本学に既に在学している67人の交換留学生に、春学期…

経済協力開発機構(OECD)と本学大学院生を対象としたインターンシップ協定を締結しました

公開日:2018年4月17日

4月13日(金)、経済協力開発機構(Organization for Economic Co-operation and Development; OECD)*と本学とのインターンシップ協定締結に関する調印式が、OECD東京センターオフィスにて行なわれました。 これにより、本学の大学院生はインターシ…

本学学生が日本の教育制度を学ぶためにミャンマーの大学生4名を日本に招待

公開日:2017年10月24日

本学の山中美有さん(教養学部4年)が中心となり立ち上げたプロジェクト「ミャンマーと日本のつなぐ旅」を通して、ミャンマーの大学生4名が来日し、10月17日(火)に本学の樅寮・楓寮のセミナールームで、ミャンマーと日本の教育の違いについて本学学生と意見交換を行いました。 このプロジェクトは、民主化に向け…

本学学生が神輿の担ぎ手として大澤八幡神社の「大沢まつり」に参加 〜「ICU祭」でも神輿を展示〜

公開日:2017年10月17日

10月1日(日)、本学南門から徒歩1分の場所にある大澤八幡神社(東京都三鷹市大沢)の例大祭「大沢まつり」に、本学の学生約20人が神輿の担ぎ手として参加しました。 昨年の大沢まつりでは、神輿の担ぎ手不足などが理由で神輿の巡行が中止されましたが、今年は神輿の巡行を復活させようという動きがあり、大沢地区の…

本学の学生と留学生がサービス・ラーニング活動を行いました

公開日:2017年8月10日

7月5日(水)から8月2日(水)までの4週間にわたり、本学サービス・ラーニング提携校であるアサンプション大学(タイ)、ソウル女子大学(韓国)、シリマン大学(フィリピン)、さらに交換留学協定校のミドルベリー大学(アメリカ)からの留学生と本学学生、合計15名がサービス・ラーニング活動を行いました。 学生…

春学期入学交換・招聘留学生ウェルカムパーティーを開催

公開日:2017年4月11日

4月4日(火)、本学の協定校でアメリカのカリフォルニア大学(カリフォルニア州)、ミドルベリー大学(バーモント州)、コロラド大学(コロラド州)からの交換・招聘留学生を歓迎するウェルカムパーティーが開催されました。 「桜が美しいこの日にウェルカムパーティーを開催することができ、とても嬉しく思います。時間…

本学の留学生が、茨城県笠間市でフィールドワークを実施しました

公開日:2017年4月11日

3月27日(月)から30日(木)の4日間、本学の協定校であるアメリカのリベラルアーツカレッジ、ミドルベリー大学(ミドルベリー、バーモント州)から日本研究プログラムの一環として本学に留学中の学生6名が、茨城県笠間市でフィールドワークを行いました。 茨城県笠間市と、本学にオフィスを置くミドルベリー大学日…

ミドルベリー大学 ローリー・パットン学長来訪

公開日:2016年11月11日

11月9日(水)、本学協定校であるミドルベリー大学(バーモント州、アメリカ)ローリー・パットン学長が来学し、交流昼食会が開催されました。ミドルベリー大学から本学に留学中の学生や、ミドルベリー大学に留学し、帰国した本学学生のほか、2016年夏に両大学協働で実施したサービス・ラーニング活動に参加した学生…

欧州の名門8大学院による「国際人道援助アクション修士プログラム」と本学大学院が連携協定を締結

公開日:2016年11月9日

本学大学院は、欧州の名門大学院8校による「国際人道援助アクション修士プログラム」(NOHA: Network on Humanitarian Action)が、欧州外の大学と締結しているグローバル・パートナーの6大学目として、2017年度から連携を開始することとなりました。この連携は、本学植田隆子教…

Page top