Every Day is “Global” at ICU.

-日常に息づくICUの「グローバル」-

Global ICU

卒業生の声

*肩書はインタビュー当時のものです。

*肩書はインタビュー当時のものです。

小島 美緒 
特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS 事務局長/理事
2006年 国際関係学科(当時)卒業

取り残された子どもたちが、前向きに生きられる社会を

210219_0102_R.jpg

限られた自分の人生を何に使いたいか

私は現在、エイズ孤児支援NGO・PLAS(プラス)で活動しています。「エイズ孤児」とは、両親または片親をエイズで亡くした18歳未満の子どものことで、アフリカでは多くのエイズ孤児たちが過酷な環境下で暮らしています。親を失った辛さだけでなく、エイズ孤児であることを理由に周りから差別を受け、学校に通わせてもらえず、生きる希望をなくしてしまう。そうした子どもたちのために何かしたい、という思いで立ち上がった団体がPLASです。

PLASではこれまで、主にケニアとウガンダで、エイズ孤児が通える学校建設・支援やHIVの母子感染予防の啓発活動などに取り組んできました。そして現在は、エイズ孤児を育てるHIV陽性のシングルマザーたちの経済的自立をサポートする「生計向上支援事業」と、子どもと保護者が前向きに人生を設計できるよう支援する「ライフプランニング事業」の2つを柱に活動しています。事務局長としての私の役割は、活動継続のための資金調達、広報、財務プランの作成、人材採用・育成、イベントの企画、企業との連携強化など。また、私たちは現地のパートナーNGOと協働しながら事業を展開しており、現地スタッフの力を引き出し、より良い活動ができるよう、能力強化の研修などにも携わっています。

この仕事を志すようになった最初のきっかけは、ICU在学時に留学先で見た1本のドキュメンタリー映像でした。そこで描かれていたウガンダの内戦下でたくましく生きようとする子どもたちと、どこまでも美しい景色に心を奪われ、実際に行ってみたいと思ったのです。留学から帰国後、ウガンダでの数ヶ月のボランティア活動を見つけ、ICU卒業後に参加することに。それを友人(PLAS設立メンバーの1人)に話すと「自分もウガンダでエイズ孤児支援の活動を始めたので、せっかく行くなら手伝ってほしい」と誘われ、現地でその活動にも参加したのです。そこでのエイズ孤児たちやHIV陽性者の方々との出会いが、まさに人生のターニングポイントとなりました。苛烈な環境の中、それでも強く生きようとする姿に感銘を受けると同時に、私も誰かの人生に寄り添い、支えになるような仕事がしたいと思ったのです。

しかしその時、金融関連の外資系企業への就職がすでに決まっていました。自分の価値観が一変するような出来事があった後で、そのまま就職してもいいのかと迷いながらも、その会社で働くことに。本業の傍ら、終業後や休日にPLASの活動にボランティアで関わっていたものの、「自分はこの限られた人生を何に使いたいのか」と自問自答する日々でした。

勤務先のオフィスは東京・丸の内の30階で、西の空に落ちていく夕日がきれいに見えました。その度に、ウガンダの地平線に沈む美しい夕日とエイズ孤児たちのことを思い出すのです。「同じ夕日を見ているのに、なぜ人は生まれた場所によって、こうも境遇が変わってしまうのか」。そんな思いを抱いていた矢先に、PLASが事業を拡大するということで「会社を辞めてPLASに来ないか」と誘いがありました。すぐに退職届を出してPLASに転職し、今に至ります。

210219_0026_R.jpg

少人数の対話型授業に感じた「質の高さ」

私は高校がICUの付属校だったのですが、他の大学と比較しても進学先はICU以外考えられませんでした。まず惹かれたのが環境面。コンクリートに囲まれた環境よりも、豊かな緑に恵まれ空が広く見えるキャンパスが魅力的で、学びにも良い影響を与えるのではないかと考えたのです。また、入学を後押ししたのが優れた留学制度です。機会が豊富で、選択肢も多岐にわたり、ICUほど充実している大学はないと感じました。私は1年次の短期留学でカナダへ、3~4年次の交換留学ではアメリカのカリフォルニアへ行きました。

ICUでは当時の国際関係学科に所属。特に国際開発や国際協力の学びに力を入れました。大切にしていた姿勢は、座学で学んだ内容を実際に現地に行って確かめること。長期休みを利用し、タイやバングラデシュなどでワークキャンプに参加しました。現地での実体験を経てICUに戻ってくると、先生の話やクラスメイトとのディスカッションの内容が、より深みを帯びて自分の中に浸透していくのが分かりました。

現地での学びを大切にしていた一方、ICUの教室で行われる授業の質の高さ、密度の濃さも実感しました。入学前は、大学では100人くらいの学生に対して先生が講義をするというイメージを抱いていましたが、ICUの授業はその対極にあるものでした。大半の授業が10数人の少人数で、対話や議論を通して学びを深めていく。先生との距離も非常に近く、質問をすると内容が何十倍にも膨らんで返ってくることが度々ありました。こうした日常的な学びから得たものは計りしれず、学生時代に受け身で学ぶか、能動的に学ぶかで、その後の人生の選択肢は大きく変わってくるのではないかと思っています。

210219_0039_R_edit.jpg

人生を豊かにしてくれたICUのリベラルアーツ

ICUでの学びが現在に生きていることは数え切れませんが、一番大きかったのは、健全なディスカッションができる素地を身に付けられたことです。ICUでは日常の授業が対話や議論をベースに成り立っています。自分の意見を開示しながら、相手の意見も尊重し、どんなプロセスでその考えを持つに至ったかを理解する。ゴールが一致しないときは、自分の意見を押し付けるのではなく、一緒に第三のゴールを探っていく。そうしたトレーニングを授業の中で多数経験することができました。現在、日本とは文化的背景の異なるアフリカの方々と共に取り組む事業は苦労もありますが、ICUで培ったディスカッションのスタイルが役立っていると実感しています。

物事を批判的に考えるクリティカル・シンキングも、大きな力として自分の中に根付いています。自分が見聞きした情報について「本当にそうなのか」と考える姿勢は、とりわけ国際協力の分野において重要です。例えば、ある地域が貧困に苦しんでいるという情報を文献やネットで得たとしても、現地の方々の暮らしぶりや課題は、自分の目で見てみないと分からないからです。現在も「本当にこれで良いのか」「もっと良い方法はないか」などと常に自分に問いかけながら仕事を進めています。

何より自分の人生を豊かにしてくれたのが、ICUのリベラルアーツだと思っています。私は国際関係の学びを深めながらも、生物学や人類学、芸術など幅広い分野の授業を履修していました。その時の授業がきっかけで強い関心を持ったのがアートです。現在もよく美術館をめぐっていますが、それが趣味にとどまらず、アート業界で働くICUの卒業生と共同でチャリティアートプロジェクトを立ち上げることになりました。一つの視点だけでなく、芸術や文化、生物、宇宙など、さまざまな事象が複雑に交わって世界が成り立っていると学べたことは、リベラルアーツを通して得た財産だと感じています。

ICUは、学びたいことを心ゆくまで突き詰められる環境だと思います。留学生も含め、共に学ぶ学生たちの視点の広さ、深さにも刺激を受けられることでしょう。皆さんも恵まれた環境の中、多様な学びや経験を通して自分の道を探り、信じた道を突き進んでほしいと願っています。

Profile

特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS 事務局長/理事

2006年 国際関係学科(当時)卒業

ICU卒業後にウガンダでのボランティアに約3ヵ月参加。帰国後、JPモルガン証券株式会社で約3年間勤務。本業の傍ら、PLASのボランティアスタッフとして活動。2010年、PLASに入職。米国フィッシュファミリー財団が、日本社会を変える原動力となる日本人女性を選抜するプログラム「Japanese Women's Leadership Initiative」2016年フェロー。

210219_0067_R_profile.jpg